英会話をマンツーマンのオンライン英会話で教えるスクールです。日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC対策などご用意しております。

スカイプ、eroomについて

Q1. スカイプがつながらない場合、どうしたらいいですか。

ログインできていない場合は、パスワード調査・新規アカウント取得をお願いします。

ログインできている場合は、下記の手順でチェックをお願いします。

(1)インターネットネットに接続できているかの確認します。

(2)スカイプを終了させ、再起動して、再度接続します。

(3)スカイプの再インストールをして、再度接続します。

ページTOPへ

Q2. スカイプに接続できているが声が相手に(または自分に)聞こえていない場合、どうしたらいいですか。

ソフトウェアに問題がある場合

(1)お互いに音声セルフチェックをして、どちら側の問題かあるのかを特定します。

(2)問題がある方が、マイクの端子・イヤフォンの端子が、正しい穴にささっているか確認します。

(3)ウィンドウズ画面右下の音量アイコン右クリックで、マイクの音量を確認し、ミュートになっていないか、音量は最大かどうか確認します。

(4)コントロールパネルを開き、(クラシック表示にして)「オーディオ」の「録音」の部分で、ヘッドセットに相当する機器がオフになっていないか確認します。また、サウンド機器のソフトウェアが正しくインストールされているか確認します。

(5)スカイプを開き、「ツール」→「設定」→「オーディオ設定」を確認します。マイクの音量が小さくなっていないか、「デバイス」のところが正しく表示されているか、確認します。「音声設定の自動調整を有効化」に、最初はチェックが入っていると思うので、そのチェックを外したり入れてみたりして再度確認します。

ご使用になられているハードウェアに問題がある場合

(1)まず、ヘッドセットに問題がないか確認します。他のパソコンにそのヘッドセットを差し込み、マイクが機能しているかどうか確認します。確認する際は、「Windowsスタートボタン」→「プログラム」→「アクセサリ」→「サウンドレコーダ」で、自分の声が録音できるかどうかで確認します。 (マイクにはデジタルのものとアナログのものがあり、アナログだとパソコンでは動かないそうです。また、スカイプと相性の悪いマイクもあるそうです。)ヘッドセットに問題があると判明した場合は、新しいスカイプ用のマイクを購入しましょう。

(2)ヘッドセットに問題がない場合は、パソコンを確認して、再起動を何度か行います。それでも、直らない場合は、パソコンのマイクの穴の部分に問題があると思われますので、USB対応ヘッドセットを購入してください。そちらをUSBにさして、ご利用ください。

ページTOPへ

Q3. 声は聞こえているが、音声品質が悪かったり、聞きづらい場合、どうしたらいいですか。

(1)マイクやイヤフォンの音量が十分あるかどうか確認します。

(2)ヘッドセットのマイクの位置に気をつけましょう。マイクから、口から遠いと音がかなり小さくなるが、口の前だと息の音かかかるので、アゴの前あたりに持っていくようにします。また、ヘッドセットのマイクで音を拾っているかを確認します。確認方法としては、マイクに息を吹きかけたら「フッ」と息の音が聞こえるかどうかで分かります。

(3)インターネットの回線を確認します。ダイヤルアップや無線LANの場合、どうしても音が途切れがちになる場合があるので、もし可能であれば、ADSLや光回線を導入して、パソコンとLANケーブルでのご利用をお勧めしています。

(4)その他のチャットツールやメッセンジャーなど、通信領域に影響を与えるソフトを終了させましょう。スカイプのビデオ通話も、音声品質が悪いときは終了させて音声で使用しましょう。

ページTOPへ

Q4. eroomが利用できる動作環境について教えてもらえますか?

eroomをご利用いただくために必要な動作環境は、こちらを参考ください。 また、下記条件を満たしている場合でも、通信状況、パソコンの相性などによって、正常に動作しない場合がございます。その場合には、弊社までご相談ください。

OSWindows XP以上 MaxOS 10シリーズ以上 (その他OSでもskypeがインストール出来、 動作すれば問題ございません。)
CPUPentium III 1GHz相当以上
メモリ512M以上(1GB以上推奨) ※512Mでも正常に作動することが確認されておりますが、より快適な環境をご希望でしたら、1GB以上を推奨いたします。
ハードディスク空き容量220MB以上
Adobe フラッシュプレイヤー最新版のインストールレッスンで使用のeroom(バーチャル教室)は、フラッシュプレイヤーで 起動します。 こちらよりインストール可能です。
インターフェイスUSB×1(PCカメラの接続に使用)ヘッドフォン出力端子×1マイク入力端子×1
インターネット回線ADSL、ケーブルTV、光ファイバー(NTT Bフレッツ)などのブロードバンド回線(実速度1M以上)。 ※無線LANは速度が不安定なため、有線に変更をお願い致します。 ※emobileのプロトコル制限のあるご契約の方は、一部eroomに入室できず、 スカイプにシェアスクリーンでのレッスンとなる可能性がございます。

※必要なメモリ容量、ハードディスク容量はシステム環境によって異なります。

※お使いのシステム環境、及び回線状況によっては、記載以外の制限が発生する場合もあります。

※一般電話回線、ISDN回線は速度が遅いため、使用不可となります。

※Windows10でも、主要ブラウザにて(Internet Explore/Fire Fox/Google Chrome)正常に動作する事を確認しております。

ページTOPへ

Q5. eroomに入室したところ、Please reload to open the panelagain.というコメントが出ました。どうしたらいいですか?

eroomが閉じてしまった場合は、更新ボタンを押して再度入室して下さい。

入室している状態のまま画面のみを最小化してしまっている場合は、その画面を最大表示にして頂ければ、チャット画面が表示されます。

ページTOPへ

Q6. eroomに入室しようとしましたが、Please wait for a moment,your class will start soon….Thank you for your patience.という表示が出ましたが、どうしたらいいですか?

入室後に退室した状態になった可能性があります。更新ボタンをクリックしてリロードしていただき、再度入室ボタンをクリックして下さい。

ページTOPへ

Q7. eroomにどうしても入室できません。どうしたらいいですか?

考えられる原因をいくつか下記にご説明させていただきます。

1.まずフラッシュプレイヤーが最新のものであるかご確認頂けますでしょうか。

  確認方法と致しましては、一度レッスンルームに行っていただきまして

  http://www.eeikaiwa.com/chatroom/lesson1.html

  (テサ先生のレッスンルーム)

  Enter Lesson Roomボタンの上で、マウスの右クリックをして頂ければ

  一番下にフラッシュプレイヤーのバージョンが、

  ご確認いただけるかと思います。

  最新のバージョンが10となっておりますので

  もしそうでなければ下記より最新版をダウンロードして頂けますでしょうか。

  http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

  (フラッシュプレイヤー最新版ダウンロードサイト)

2.インターネットのブラウザがIEである場合、

  こちらも同様にバージョンが古いと

  ご利用頂けない場合がございます。

  最新版は8となっておりますので、もしそうでない場合は

  下記サイトより最新版をダウンロードして頂けますでしょうか。

  http://www.microsoft.com/japan/windows/products/

  winfamily/ie/default.mspx

  (IE最新版ダウンロードサイト)

  若しくは、ブラウザをGoogle chromeか、Fire foxに

  変えて頂ければご利用いただけるかと思います。

  またどのブラウザでも閲覧履歴を削除すると

  ご利用できる場合がございます。

  その方法も下記サイトにてご確認頂けますので、

  よろしければご利用下さいませ。

  http://www.pal-system.co.jp/guide/set_up/cash_ie.html

  (閲覧履歴の削除方法サイト)

3.またPC自体のスペックが足りていない場合もご利用頂けない事がございます。

  メモリ推奨は512Mとありますが最低でも1GB、出来れば2GB、

  ご用意していただければ大丈夫かと思います。

ページTOPへ

Q8. レッスンの開始時刻になっても先生から連絡がありません。どうしたらいいですか?

スカイプをお持ちでしたら、下記サイトに先生のスカイプIDを記載しておりますので

直接、スカイプから先生にコールして下さい。

http://www.eeikaiwa.com/member_only/access/index.html

もし、スカイプをお持ちでない場合、事務局にご連絡ください。

ページTOPへ

Q9. 自分の映像が先生側に映りません。どうしたらいいですか?

eroom画面のビデオのオンオフボタンを見て、オンになっているかをご確認ください。また、Webカメラを正しく設置して下さい。Webカメラの設定などは各メーカーのwebサイトなどをご覧下さい。

ページTOPへ

Q10. 先生の映像が映りません。どうしたらいいですか?

通話品質を上げるため、先生側でビデオ機能をオフにしている可能性があります。レッスン時に先生へ、Can you usevideo?とお伝え下さい。

ページTOPへ

Q11. 途中で急にeroomの画面が消えてしまいました。どうしたらいいですか?

先生側の通信状態が不安定な場合でも、先生、生徒の双方のeroomの画面が消えることがあります。この場合、再度、レッスンルームに入室して下さい。

ページTOPへ

Q12. 使用中にフリーズした場合、どうしたらいいですか。

メモリが足りない可能性があります。使用中映像、音声の圧縮、伸張の処理を行うため、メモリが足りないとだんだん遅くなりフリーズしますので、メモリの増強を試みてください。弊社では、メモリは最低512M以上(出来れば1GB以上)、Pentium3以上、OSはWindows XP、Vista、。MacはG4以上のプロセッサで、OSはOSX(オーエステン)を推奨しています。

カメラが合っていない可能性があります。 完全にご使用になられているOSの細かいバージョンまで合ったWEBカメラを使用してください。基本的に、市販のWEBカメラ、ヘッドセットをご利用下さい。とくにMacの場合は慎重に選ばなくてはなりませんので、ご注意ください。

ダイヤルアップや無線LAN通信を使用している場合、回線の速度に問題がある可能性があります。どうしても音が途切れがちになる場合があるので、もし可能であれば、ADSLや光回線を導入して、パソコンとLANケーブルでのご利用をお勧めしています。

その他のチャットツールやメッセンジャーなど、その他のソフトを多数起動している可能性があります。そのため、通信領域に影響を与えるソフトを極力終了させまししょう。

テキストを起動中に、画面が止まってしまった場合は、先生側がテキストを再読み込みして、新たなページを開きますので、そのままお待ちください。

ページTOPへ

Q13. 音が聞こえない場合、どうしたらいいですか。

ソフトウェアに問題がある場合

(1)マイクの端子・イヤフォンの端子が、正しい穴にささっているか確認します。

(2)ウィンドウズ画面右下の音量アイコン右クリックで、マイクの音量を確認し、ミュートになっていないか、音量は最大かどうか確認します。

(3)コントロールパネルを開き、(クラシック表示にして)「オーディオ」の「録音」の部分で、ヘッドセットに相当する機器がオフになっていないか確認します。また、サウンド機器のソフトウェアが正しくインストールされているか確認します。

ご使用になられているハードウェアに問題がある場合

(1)まず、ヘッドセットに問題がないか確認します。他のパソコンにそのヘッドセットを差し込み、マイクが機能しているかどうか確認します。確認する際は、「Windowsスタートボタン」→「プログラム」→「アクセサリ」→「サウンドレコーダ」で、自分の声が録音できるかどうかで確認します。 (マイクにはデジタルのものとアナログのものがあり、アナログだとパソコンでは動かないそうです。また、スカイプと相性の悪いマイクもあるそうです。)ヘッドセットに問題があると判明した場合は、新しいスカイプ用のマイクを購入しましょう。

(2)ヘッドセットに問題がない場合は、パソコンを確認して、再起動を何度か行います。それでも、直らない場合は、パソコンのマイクの穴の部分に問題があると思われますので、USB対応ヘッドセットを購入してください。そちらをUSBにさして、ご利用ください。

ページTOPへ

Q14. スマートフォン・タブレット端末でレッスンを受講できますか?

Adobe Flash Playerがインストールされていないスマートフォン・タブレット端末では、eroomをご利用いただけません。その場合、Skypeのシェアスクリーン機能を使用してのレッスンとなります。 また、無線LANでのインターネット回線接続となります為、回線不具合が発生致します(コールが繋がらない、回線が途切れる、相手の声が聞こえない等)。 ご理解頂いた上でのご利用をお願い致します。

ページTOPへ

Q15. 先生に「share screen(シェアスクリーン)」と言われたのですが、何のことですか?

eroomの接続で不具合が出る場合、eroomを使えない生徒様の場合、Skypeのシェアスクリーン機能を使用してのレッスンとなります。 シェアスクリーン機能とは、自分のコンピュータの画面を相手に共有する事ができる機能の事です。 先生に「share screen」と言われたら、先生がパソコンの画面を私に見せようとしているのだな、と思って下さい。その際、生徒様側で特に必要な操作はございません。

ページTOPへ

ページTOPへ

会員専用ページ 体験レッスン申込み